ホーム » 必要性について

必要性について

あなたは勤怠管理という言葉を聞いたことがあるでしょうか?勤怠管理とは読んで字のごとく・・・ではありますが、会社において、社員の勤怠を把握し、それを管理することです。
例えば、どれくらいの時間勤務しているのかを簡単に把握するために分かりやすいものとしてタイムカードなどがあります。
出勤時と退勤時の時間を記録することで勤務時間を把握することができ、この勤怠管理の結果をもとに社員の給与や社員個人の評価をつける、というようなシステムをです。
これも勤怠管理の方法のひとつです。
他にも専用のソフトを用いるなど、勤怠管理の方法は様々あるようですが、会社それぞれが何らかの方法で勤怠管理を行っていると言えます。
では、なぜ勤怠管理を行うのか?まず、勤怠管理を行うことにより、『働き過ぎ』を防止・改善することが出来ます。
過労を防ぐには勤務時間を把握することがとても重要になってきます。
また、前記したように、勤怠管理は少なからず、社員個人の評価や給与に反映されています。
こういった点から、勤怠管理は会社にとっても、社員にとっても必要なシステムであると言えるでしょう。

どの方法が最もベストか

タイムカードによる勤怠管理がほとんどの企業で行われてきた方法ですが、今はタイムカードが使われているケースは少なくなったと思われます。
出勤カードを検査機にかざして記録する方式の企業も多いように聞きます。
また最も原始的な方法ですが、出勤簿に捺印する方法を採用している企業もあると思います。
どの方法が最もベストなんでしょうか。
それぞれに一長一短があるように感じます。
最も進んでいると思われる出勤カードを検査機にかざす方法は、出張などのイレギュラーの処理が面倒です。
出勤カードを忘れたり、かざすのを失念したりすると、別途入力が必要でこれが意外と面倒です。
またタイムカードによる方式の場合も同じでタイムカード無記録届けが必要になります。
今の勤務先は出勤簿への捺印する方法に、戻して1年半になりますが、この原始的な方式が一番いいように感じます。
以前はカードをスリットする方式だったそうですが、スリット忘れの書類が沢山ファイルされていました。