できること

勤怠管理は会社の社員の出勤や退勤や欠勤などを把握して、社員が時間を守るように管理することです。
具体的にはタイムカードを用いて、出勤や退勤の時刻を記録します。
タイムレコーダーは安価ですし、 タイムカードはとても単純で分かりやすいです。
勤怠管理によってその社員が時間に正確かが解かるだけでなく、どれだけ残業したかも解かり、残業代を計算するさいに役に立ちます。
さらに休暇の消化を把握することもできます。
また、過度な業務による過労などを防ぐこともできます。
最近はタイムカードの代わりに、個人を識別するICカードや指静脈を用いている会社もあります。
ネットを活用すれば、離れた場所にある支社などの勤怠管理も、本社でまとめて行うことが可能です。
これは思う以上にメリットが多いです。
他にも様々な勤務形態や例外に対応するために、様々なものによる勤怠管理が行われています。
タイムカードなどを用いず、ノートを使っている会社もあります。


部門長が自ら行う

ある大手企業での話です。
私は朝早くその企業にお邪魔することになっていたので、その企業の始業時間前に訪問しました。
するとその企業の朝の風景を見て、びっくり仰天しました。
1番朝早く出社したのは、その部門のトップでの人で、出社した後、自分の席に着き、まず出勤簿を机の上に開いたのです。
しかも、自分とは向きが反対になるように。
そして間もなく、その部門の人たちが、次々と出社するとみんなその部門長のまえに行って、朝のご挨拶をして、その後、その部門長の机の上に開いてある出勤簿に、自分の印鑑を押印していました。
つまりこの企業では、勤怠管理はタイムカードではなくて、部門長の、出勤簿による勤怠管理をしているのです。
このような勤怠管理をしている企業があることを、この時に初めて知りました。
確かにこの方法だと、毎日誰が出社したのか、すぐにわかりますし、またその人の健康状態も、把握できるのではないかと思います。
しかし部門長はたいへんなご苦労だと思いました。

小売・流通、メーカー、学校法人・行政等の広報や販促用に多数ご採用頂いております。 バナースタンドにおける国内No1の販売実績と豊富な知識で、最適なバナーを提案します。 仕様用途に応じたバナースタンドを多種類取り揃え、お客様のご要望に応じたバナースタンドを提供出来る事が、他社との違いです。 持ち運びに適した携帯式のバナースタンドも多数取り扱っております。 バナースタンドの通販ならこちら

Comments are closed.